富士急行 懐かしの車両 日野

なお、特記のない限り撮影時の所属を表記してあります。


KC−RU4FSCB(日野)

 富士急シティバスの平成8年式のセレガの高速仕様です。元JRバス関東と思われます。同年式の自社の貸切車を改装するのとコストを考えた上での導入と思われます。

   
沼津230あ1610 (E1610 シティ)


KC−RU3FSCB(日野)

 平成10年に導入された高速仕様の車です。同形式同仕様の車は1803が在籍しております。

   
富士山210あ1803 (Y1803 河口湖)

 平成11年、富士急ハイランドにトーマスランドがオープンした際に、2両の高速車が専用色で登場しましたが、こちらは静岡に転属後、廃車となりました。

   
山梨22あ1499 (Y1901 山梨) ※東海三郎様 撮影

 平成20年の4月から運行開始の三島駅北口〜富士吉田駅間の高速バス「フジザクラライナー」の山梨バス持ちの車両に、このY1902が専ら充当されておりましたが、富士山静岡空港開港による新路線に転用されました。 その後、富士急山梨バスに移っております。

   
山梨22あ1500 (F1902 山梨 ) ※東海三郎様 撮影


PDG−KR234J2(日野)

 こちらは平成21年導入の車両です。日野での導入ですので、ライトが1灯になっております。

   
湘南230あ2965 (M2965 湘南) 相州屋@副管理人撮影


PB−RX6JFAA(J-BUS)

 おなじみリエッセです。コミュニティバスとして、独自デザインでの導入はありましたが、グリーンベルトで色ではこれが初めてになります。平成17年式です。

   
山梨230あ5391 (F2572 山梨)


KC−RU1JHCB(日野)

 沼津−中部国際空港線用に導入された中型車です。富士急行観光からの転属車と思われます。

   
沼津230あ1551 (E1551 シティ) ※東海三郎様 撮影

 その後、中部国際空港線専用表記は撤去されました。車内には運賃箱らしきものが残されております。

   
沼津230あ1551 (E1551 シティ) ※東海三郎様 撮影


U−HT3KPAA(日野)

 平成3年式の車両で、もとは富士急行観光埼玉事業所で特定用途に使用されていた車両です。現在はラッピングが施されており、方向幕からLED式の行先表示機に交換されました。社番もユニークな車でした。

   
湘南200か1045 (M1045 湘南) 相州屋@副管理人撮影


U−HU3KPAA(日野)

 平成5年、山梨エリアに導入された車両です。その後、転配属があり、富士・富士宮地区にも配置されました。

   
沼津22く2296 (W1351 静岡−富士宮)


P−HU276BA(日野)

 昭和63年に導入された大型車のワンロマ仕様車で、長尺車です。 中央高速バスにも投入されることを視野に設定された仕様です。主に、山梨地区に配置されていました。このタイプでは珍しい前中折戸車です。

   
山梨22あ1009(F2867 吉田)

 上記車両の御殿場転入後の姿です。

   
沼津200か・211(G2867 御殿場)


U−RU2FTAB(日野)

 沼津駅北口−関東自動車工業線用に導入された車両です。屋根周りから推測がつくように、富士急行観光からの転入車と思われます。

   
沼津230あ1220 (E1220 シティ) ※東海三郎様 撮影

 こちらはもともと中央高速で使用されていた車両ですが、沼津に移り、高速線に使用されております。

   
沼津200か・760 (E1401 シティ) ※東海三郎様 撮影

 元中央高速で使用されていた車両です。沼津に移り、成田線予備などに使用された後、平成18年3月開業の沼津駅北口−東京駅線の車両に充当され、塗色も変更となりました。


沼津200か・576 (E1402 シティ)


U−RU2FTBB(日野)

 セレガの初期車です。ブルーリボンに引き続き、フルエアブレーキ仕様で導入されています。一部車両は貸切分離会社に所属し、社名がローマ字表記となっているものがあります。

   
横浜22か7727 (横浜) 前部は相州屋@副管理人撮影


P−HU275BA(日野)

 昭和60年から63年にかけて導入された大型車のワンロマ仕様車です。高出力エンジンでエアサス車で した。この車は62年式です。62年式は静岡地区に12両が投入され、最後まで静岡地区から転属することなく活躍しました。

   
沼津22く1170(G2757 御殿場)

 こちらは63年式です。この形式では静岡地区に4両導入されました。

   
沼津22く1344(G2863 御殿場)


P−HT273BA(日野)

 昭和61年と63年に導入された大型車の一般路線仕様車です。エンジンは高出力ですが、リーフサスペンション・一般路線スタイルで登場しています。61年式の車は平成15年に富士急平和観光に残っていた1両が廃車となった模様です。63年式の車は最後の活躍をしております。

   
沼津22く1024(御殿場)

 こちらは63年導入の車です。マイナーチェンジが行われています。雨どいが窓部までに縮められたこと、エンジンルーム蓋が改良され、バックランプ、反射鏡がバンパー埋め込みになったことなどです。

   
沼津22く1376(E2857 シティ)


RC300P(帝国)

 P−HT275BAの1世代前の乗合・貸切兼用車の主力車種でした。沼津・御殿場・松田・富士宮・吉田など観光路線を担当していた営業所に配置されておりました。

   
静岡22き・610(F1240 御殿場) 相州屋@副管理人撮影


P−RU638CB(日野)

 日野の昭和末期の主力貸切車でした。昭和63年からフルエアブレーキ仕様で導入されていますので、RU638Cとなります。各地に配置されておりました。

   
沼津22く1333(G2815 御殿場) 相州屋@副管理人撮影

 そのうち1台は、ご覧の通り「イエティ」の全面広告車として首都圏一帯に神出鬼没しているようで、なかなかその姿をとらえることは難しいかったようで…

   
沼津22く1333(2815) 相州屋@副管理人撮影

 平成元年にブルーリボンはマイナーチェンジされ、プラグ式ドアのデザイン変更、角に丸みがつくなどの変更点が見られます。富士急行の平成元年導入車は、プラグドアで入っております。

   
沼津22く1505(W2909 富士急静岡−鷹岡)

 こちらは平成14年の夏休みに日本ランドHOWゆうえんちで行われたイベントにあわせてラッピングされた車両です。イベント終了に伴い、運用を外れ廃車されました。

   
沼津200か・404(G2906  御殿場) ※東海三郎様撮影


K−RC381改(日野)

 こちらは昭和55年と56年に導入された大型乗合車です。55年式の車両には、松田仕様とよばれるベンチレーター撤去&サブエンジン式クーラー搭載車がありました。

   
相模22か1817(松田) 相州屋@副管理人 撮影

P−RJ172BA(日野)

 RJシリーズの昭和58年排ガス規制適合形式です。昭和59年から62年にかけて導入され、61年式までは標準の銀サッシとなっておりました。K−RJと比べて外観上で変わった点と言えば、前面幕まわりの処理、リアエンジン部のカバーの突起などがあげられます。
   
沼津22く・710(E2451、静岡東)
 平成15年、拡張オープンした御殿場プレミアムアウトレットの駐車場循環に使用される目的で、山梨地区から御殿場に61年式が転属してきました。ワンマン機器は搭載され ず、短期間の使用で廃車となりました。

   
沼津200か・491(G2651、御殿場) ※東海三郎様撮影

 昭和62年式は側窓がブロンズサッシとなっています。

   
沼津22く1216(E2764、静岡東(当時))


K−RJ172AA(日野)

 この形式は、昭和56年から58年にかけて多数導入され、非冷房や標準冷房、サブエンジン式冷房の3タイプが存在していました。平成11年最後の車両が廃車されました。

   
相模22か2385(M2351、松田 サブエンジンタイプ)

 非冷房車です。山梨や御殿場を中心に配置されていました。クーラーユニットが付いていないので、屋根上がすっきりしています。

   
相模22か4724(G2164、松田) 相州屋@副管理人 撮影


K−RJ172AA(日野) 非冷房車

 非冷房車の中でも、所属地区や使用線区などの特徴によって、3つのタイプの車両が導入されていたようです。
こちらは静岡地区導入車で、山梨地区(側面方向幕2段分割)、同(前面幕の両側にスピーカー付き)


沼津22く・461(御殿場) ※T-T375(早稲田)様撮影

こちらは山梨地区導入車で、側面方向幕が2段に分割されており上部には矢印が表示されます。


山梨22あ・665(都留中央−都留) ※T-T375(早稲田)様撮影

 こちらも同じく山梨仕様です。前面幕の両側に自由乗降用のスピーカーが付けられております。


山梨22あ・747(吉田)  ※T-T375(早稲田)様撮影

RE100(帝国)

 RE100です。昭和52年まで(昭和50年から日野車体)導入されていました。このころの車両は営業所ごとに仕様の違いがあったらしく、転属車は異彩を放っていました。こちらは系統幕表示スペースがついています。バス窓の下部まで黄色が塗られています。

   
沼津22く・547(御殿場) 相州屋@副管理人 撮影

 このように、系統幕無しのタイプが静岡地区の標準でした。車によっては、側面方向幕が後部ドア上に設置されていたものもありました。

   
静岡22き1110(御殿場) 相州屋@副管理人 撮影

 こちらは他地区からの転属車と思われます。わかりづらいかもしれませんが、側面の方向幕が後部ドアの真上に設置されています。

   
沼津22く・550(E1355 沼津) 相州屋@副管理人 撮影

RE100(日野)

 日野車体のRE100です。平成6年頃まで残っていたことから、記憶に新しい車です。この世代の車も、営業所によって様々な形状で導入され、非常に興味深いものでした。

   
山梨22あ・492(大月)、静岡22き1428(御殿場) ※T-T375(早稲田)様撮影

RE100(川重)

 富士急の日野といえば!と言われたかどうかは知りませんが、有名だった車がこれです。ぱっと見ではいすゞに見えるのですが、さにあらず。ライトの形状が日野のものですし、側面右側後部のルーバーが日野REの特徴ある形状となっています。そういえば、サイドミラーの取り付け方法が変わっていますね。

   
静岡22き・518(B1252 富士) 相州屋@副管理人 撮影

P−RU638BB(日野)

 ブルーリボングランデッカで、昭和61年〜62年に導入されました。当時のフラッグシップ車らしく、富士急行の文字に迫力があります。

   
沼津22く1057(E2608 沼津) 相州屋@副管理人 撮影