富士急行グループ なつかしの車両 いすゞ

KL−LV774R2(いすゞ)

 平成15年にシティバスに6両導入されましたが、平成18年に廃車となりました。

   
沼津200か・506(E4335 シティ−沼津)


U−LV771R(IKC)

 平成3年に4両、平成4年に6両の計10両が静岡・山梨地区に投入されました。 いすゞの主力車種として活躍しましたが、同年式のセレガより早めの廃車になっています。

   
沼津22く1721(E3102 シティ−沼津)  沼津200か・359(G3103 御殿場)


P−LV318K(IKC)

 昭和61年と63年に沼津地区に集中投入されましたLVの高出力タイプです。最後まで沼津地区で活躍しました。

   
沼津22く1381(E4853、シティ−沼津)


BU10KP(川重)

 観光ボディ、前後扉で昭和52年に登場しました。沼津・三島に配置されていました。エアサス、ロマンスシート装備でした。

   
沼津22く・・50(沼津) 相州屋@副管理人 撮影


BU04D(川重)

 沼津地区のみの配属だったいすゞ大型乗合車です。昭和49年、50年、51年は川重車体製ボディで、52年の最終導入は何と、日野車体製ボディで導入されました。川重車体製のいすゞ車は、平成4年頃まで姿を見ることが出来ました。

   
静岡22き1059(E5451 沼津) 相州屋@副管理人 撮影


静岡22き1361(沼津) T-T375(早稲田)様撮影