富士急行 懐かしの車両 日産ディーゼル

U−RP210GAN改(富士)

 平成6年に5両が導入され、松田と沼津に配置されました。平成24年に全廃となりました。

   
相模22か4814(M7453 湘南)


NE−UA4E0HAN(富士)

 平成8〜10年にかけて導入されたCNGバスで、富士山の環境保護をアピール上での主力形式でもありました。側窓は一般的な上下窓となっております。

   
山梨22あ1378(F7652 山梨)、沼津22く2260(W7651 静岡バス)

 平成9年導入車からは、側窓は大型固定窓と小型の引窓の組み合わせに変更されました。

   
山梨22あ1401(K7752 平和観光)

 平成10年導入のCNG車は、エアサスペンション車となっております。

   
沼津200か・・13(G7854 御殿場)


U−RM210GSN(富士8E)

 平成3年から非冷房車の置き換え用として日野RJと同時に日産ディーゼル 車の導入が始まりました。その第1陣にあたります。シティ・静岡の各営業所に配置されておりましたが、平成3年式は全車廃車されました。

   
沼津22く1789(W7156 静岡バス 元岳南鉄道)

 平成3年式の自社導入車は、ブロンズサッシが特徴でした。


沼津22く1772(E7154、シティ)

 こちらは、平成4年式の車両です。12両が導入され、当初は沼津と三島に集中配置されました。後に富士宮や御殿場等、転属が進みました。

   
沼津22く1871(W7294 富士宮→御殿場へ転属。)

   
沼津22く1930(シティ−三島)

 こちらは、95年式です。元岳南車ですが、この車は最初からこの塗色で導入されていました。外観の仕様も富士急オリジナル車とほとんど同じですが、後部方向幕がないのと、シート地が赤色という点が違っています。

   
沼津22く2133(W7559 静岡バス−鷹岡 元岳南鉄道)


U−RA520TBN(富士)

 平成3年と4年に導入された、日産ディーゼルのスーパーハイデッカー車です。リゾートカラーで登場しました。東京営業所にかなりの比率で導入されましたが、 末期は静岡・山梨各地の営業所に転属、もしくは転属なしでそのまま廃車というケースでした。

   
品川22か4501(T7105 フジエクスプレス) 相州屋@副管理人撮影


P−RM81G(富士6E)

 平成10年の岳南鉄道路線廃止を受けて、静岡西事業所にやってきたRMです。昭和62年式で、岳南時代は2両同時に購入されました。僚車は茨城県の日立電鉄で活躍中です。

   
沼津22く1104(W8751、静岡西)

 こちらも、岳南鉄道が路線営業を廃止した際に、富士急行グループに移籍した車両です。富士急行静岡西事業所と富士急三島バスに配置されましたが、静岡西の車両は一足先に廃車されております。

   
沼津22く1540(シティバス−三島)