伊豆箱根鉄道−なつかしの車両〜日野〜

 ここでは、現在すでに見られなくなった車両を紹介します。


RE101(富士)

 昭和54年に導入された車両です。一般路線車の冷房化の皮切りの車両です。以後急速に冷房化が進みました。


沼津22く・188(沼津)相州屋@副管理人撮影

 末期は、ライオンズカラーに塗り直れた車両も存在しました。


沼津22く・180(沼津) alpico1939様撮影


RC301P(富士3B)

 昭和54年に6台、観光路線向けに導入されました。トップドア・メトロ窓・サブエンジン式クーラーと、簡易貸切にも私用できるような仕様になっていました。小田原・湯河原・熱海に導入されました。

sa1631.jpg (59855 バイト)  sa1631-r.jpg (59443 バイト)
相模22か1631(小田原)相州屋@副管理人撮影


K−RC301P(日野)

 昭和56年に導入され、観光マスク・エアサスの定期観光兼用車です。小田原に1台のみ導入されました。

  
相模22か2014(小田原) 相州屋@副管理人撮影


K−RC381(日野)

 昭和56年式の車両で、標準床で導入されました。この画像はトップドア車ですが、沼津・湯河原地区の車は前後折戸車で導入されました。登場当初は旧塗装でした が、後に現行色に変更されております。


相模22か2013(小田原) 相州屋@副管理人撮影

 こちらも56年式です。湯河原に導入された車両ですが、後扉と側面大型方向幕が設置されていましたが、ともに使用されていませんでした。また、側窓下に方向幕が設置されており、特徴ある車両でした。

  
相模22か2011(湯河原) 相州屋@副管理人撮影

 こちらは昭和56年に導入された低床車の、K−RC381LFです。上の画像と見比べてわかるように、車体の裾が低くなっています。日野車の低床車は小田原地区の導入はありませんでした。こちらも登場当初は旧塗装でした。

  
沼津22く・390(沼津) 相州屋@副管理人撮影

 こちらが登場当初の塗色です。“よだれかけ”がついていてわかりにくいですが、『低床冷暖房車』とアピールをしております。

  
沼津22く・390(沼津) alpico1939様撮影


1つ前に戻る

トップページへ戻る