伊豆箱根−三菱(なつかしの車両)


P−MM517J(新呉羽)

 昭和63(1988)年に2両導入されました。東京に新製配置されましたが、最後は三島へ転属し、活躍しました。

   
沼津22く2289(2334 自動車)


P−MK116J(呉羽)

 昭和59・60年に登場した車です。当初は小田原・湯河原でも姿を見ることができましたが、廃車や転属のため既に姿を見ることはできません。なお、60年式の746・747・748・750は平成3年にライオンズ塗装から新こばるとあろー色に塗り替えの上、後部に超大型方向幕が設置されました。。

   
沼津22く・748(沼津) 相州屋@副管理人撮影

末期は、超大型方向幕は取り外され、広告枠がつけられました。

   
沼津22く・747(三島)


MS513RA(三菱)

 伊豆箱根にも昭和50年代に流行したパノラマデッカーが存在しました。この車は昭和52(1977)年式ですが、昭和60年代前半にはライオンズカラーに塗られ、一般路線用に格下げされました。

   
相模22か3116(2723 小田原)相州屋@副管理人撮影


P−MM515H(呉羽)

 中型車で貸切用で登場しました。定期観光で活躍した車もあります。この車は、引退後、伊豆箱根トラベルの送迎用として第2の人生を送っていましたが、廃車となっております。


沼津22な1056(昭和60年)


MR410(三菱)

 昭和51(1976)年式の路線車で三菱ボディーです。

   
静岡22き1404(沼津)相州屋@副管理人撮影

  昭和52(1977)年に導入された車です。MRの末期タイプです。

   
沼津22く・・23(沼津)相州屋@副管理人撮影

  西武バスから転入した車両も少数ながら存在していました。


沼津22く・902(沼津) alpico1939様撮影


MS513N(三菱)

 元は貸切車でしたが、晩年は路線車に格下げのうえ、新塗装で活躍しました。


沼津22く・・20(2981 熱海)相州屋@副管理人撮影


MP117K(三菱)

 昭和53(1978)年に導入されました。これが三菱大型路線車の最終期導入車となっています。この後、現在まで三菱製大型路線車は導入されていません。

  
沼津22く・100(沼津)相州屋@副管理人撮影

 この頃の路線車は、営業所ごと仕様が異なっていました。これは小田原の仕様で、前中引戸車となっています。

  
相模22か1472(小田原)相州屋@副管理人撮影

 こちらはライオンズカラーに変更された後の画像です。側面方向幕は前扉横のものを使用していました。


沼津22く・995(沼津、元小田原)相州屋@副管理人様撮影


1つ前に戻る

トップページへ戻る