伊豆箱根バス−日産ディーゼル(乗合)

 


KC−RM211ESN(富士)

 平成20年にグループ会社から平成8〜9年式が導入されています。一部車両はBDF燃料使用車として、旧塗装に塗られて活躍しております。

   
伊豆200か・121(2414 三島)


KC−RN210CSN(富士)

 平成23年にグループ会社より導入された車両で、7m車です。

   
伊豆200か・197(2440 熱海) ※相州屋@副管理人撮影


KC−UA460LSN(富士)

 平成23年にグループ会社より導入された車両です。ツーステップ車で、1両のみ熱海に在籍しております。

   
伊豆200か・199(2442 熱海) ※相州屋@副管理人撮影


KC−UA460LSN改(富士)

 平成21年、小田原地区に西武バスから導入された車両です。ワンステップ車のため、窓が天地方向に若干長くなっています。

   
湘南200か1317(2420 小田原) ※相州屋@副管理人撮影


KC−RM211GSN改(富士)

 平成20年に入り、西武バスより導入された車両です。こちらは、導入に際してバイオディーゼル燃料対応改造を行い、さらに旧塗色を纏って登場しました。字体も当時のものに合わせてあります。

   
伊豆200か・147(2413 三島) ※東海三郎様撮影


PKG−AP35UK(西工)

 スペースランナーAですが、三菱エアロスターのOEM車ですので、外観は全く区別がつきません…

   
湘南200か1192(2406 小田原) ※相州屋@副管理人撮影


PB−RM360GAN(西工)

 伊豆ナンバースタート後、伊豆箱根バスの三島地区に初の新車導入で、中型ノンステップです。

   
伊豆200か・・28(2861 三島) ※東海三郎様撮影


U−UA440HSN(富士)

 平成16年に導入されたこちらの車両から、窓周りの黒色塗装を省略しました。すっきりとした感じになっております。

   
沼津200か・644(2841  熱海) ※相州屋@副管理人撮影

 平成15年に導入されました。U−UA440シリーズの短尺車です。

   
湘南200か・589(2731 湯河原) ※相州屋@副管理人撮影


U−RM210GAN(富士)

 平成15年に導入された車両で、平成5年式です。中折り戸はこの地域ではかなり違和感を感じます。

   
沼津200か・457(2023 三島) 東海三郎様撮影


KK−RM252GAN改(西工)

 平成11年に沼津市の中心市街地南北循環の専用車両として2台導入され、イラストバスでの登場となりました。イラストは沼津市の中学校の美術部員を対象とした公募の中から採用されたもので、写真の車両は最優秀デザインの車両で、「青空」をイメージしたものだそうです。

   
沼津200か・・81(三島)

 同時に導入されたもう1台です。象がイラストされております。リアはしっかりと象のおしりが描かれています…

   
沼津200か・・80(三島)

 平成12年に追加導入された車両は、LED行き先表示を導入。自転車搭載も可能となっております。

   
沼津200か・179(三島)

 平成14年に導入された車両は一般色での導入です。LED行き先表示になっております。

   
沼津200か・377(2811 三島)


KC−RM211GSN(富士)

 平成8年、小田原地区に9両とまとまった両数が導入されました。その後、平成9年にも4両導入されております。

   
湘南22か・178(2789 湯河原) 相州屋@副管理人撮影

 平成10年には三島地区に3両配置されました。

   
沼津200か・・52(2882 三島) ※ひろゆき様撮影


U−UA440LSN(富士)

 平成16年に導入されたこちらの車両から、窓周りの黒色塗装を省略しました。すっきりとした感じになっております。

   
沼津200か・643(2842 熱海) ※相州屋@副管理人撮影

 平成15年には、熱海にも2両導入されております。

   
沼津200か・571(2833  熱海) ※相州屋@副管理人撮影


U−RM210GSN(富士8E)

 中型車です。静岡・神奈川両地区で見ることが出来ます。KC−代との区別は、非公式(運転席)側後部にあるルーバーの形が正方形であることが決め手となります。営業所によって、トップドア車と前後扉車と仕様の違いがあります。

   
伊豆200か・・70(2815 三島)