伊豆箱根鉄道−なつかしの車両〜日産ディーゼル〜


P−U33K(富士)

 昭和63(1988)年に5両、平成元(1989)年に2両導入されました。もともと小田原に配属された車両です。平成17(2005)年になって熱海・湯河原に転属した車両がある一方で、廃車も進みました。

   
沼津200か・656(2746  熱海) ※相州屋@副管理人撮影


U−RA520TBM( 富士)

 平成2(1990)年〜平成7(1995)年にかけて導入された、貸切代表車といっても過言でない車両でした。すべての貸切所属に配属され、貸切事業見直しの頃まで活躍しました。

U−RA520TBM   U−RA520TBM
沼津22く2151(2153 三島)


P−FGW40C(日産)

 昭和62(1987)年、小田原に2両導入されました。しかし、わずか4年で沼津へ転属となりました。

P−FGW40C   P−FGW40C
相模22あ・・96(小田原) 相州屋@副管理人撮影


U−RA520RBL(富士)

 平成4(1992)年と平成6(1994)年の導入です。三島・小田原のほか、伊豆箱根観光バス東京・名古屋と、貸切拠点に配属されました。貸切事業の縮小とともに数を減らしていきました。

U−RA520RBL   U−RA520RBL
沼津22く1908(2125 三島)


U−RYW40(日産)

 平成3(1991)年に狭隘路線用として導入された車両でしたが、路線廃止によりでその役目を終えました。その後、三島市の「せせらぎ号」運行開始に伴い、塗色変更されました。1両のみの在籍で した。

   
沼津22あ・・71(三島)


P−RM81G(富士)

 昭和60(1985)年に、日産ディーゼルでは初の中型路線車として導入されました。後引戸タイプと、前扉のみのタイプが存在します。 非公式側(運転席側)後方のルーバーが縦長の前期型はすでに全車廃車となりました。

   
沼津22く・878(2803 自動車・三島)

  非公式側後方のルーバーが拡大された後期型も、平成20(2008)年には完全に姿を消しました。 

   
沼津22く1461(2859 三島) 


P−U32K(富士)

 平成4(1992)年、グループ会社の西武バスより転入しました。これら車両の導入で、古い冷房乗合車を淘汰しました。

   
沼津22く2328(2773 小田原→沼津→三島)


P−U32L(富士)

 西武バスからの転入車です。前期型と後期型に大別が出来ました。前期型は右側リア部のルーバーの形状と、非常口下にもルーバー開口部があります。(後部エンジンルーム扉のルーバーは後付けです。)

   
沼津22く1929(2809 沼津→三島)

 こちらは後期型です。非公式側最後部のルーバーが正方形の角に丸がついた形状になりました。

  
沼津22く2004(2820 三島)

 こちらも後期型です。NOx法関連対策か、後面にルーバーを増設しました。

  
湘南22か・・・7(2784 小田原)


P−RP80G(富士6E)

 こちらは大型9m車です。沼津に2台 、伊豆箱根自動車(大仁)に1台配置されていましたが、大仁の1両は廃車となりました。沼津・三島地区で姿を見ることが出来ます。後扉が引戸となっております。

   
沼津22く1108(2855 三島)

 こちらが、大仁に最後まで在籍した車両です。撮影場所まで懐かしい1枚です。

   
沼津22く1107(2052 自動車−大仁) ※東海三郎様撮影


U−DA67UE(富士)

 平成2(1990)年に生産された稀少車で、伊豆箱根にも少数導入されました。前面のガラスが特徴です。

U−DA67UE   U−DA67UE
沼津22く2284(2301 熱海) ※相州屋@副管理人撮影


U30L改(富士)

 西武バスからの転入車です。冷房を搭載しており、非冷房の自社導入車の置き換えに貢献しました。

   
沼津22く1123(沼津) alpico1939様撮影


U−RA520RBM(富士)

 平成3(1991)年、沼津〜温泉場〜伊豆長岡駅線の急行「あやめ号」用に導入された車両です。「あやめ号」の廃止後は、定期観光用車両として活躍しておりました。

   
沼津22く1676(熱海)

 この車は熱海配置の定期観光バス兼用車です。もともとは貸切車として登場しましたが、後に方向幕・ワンマン設備を増設して乗合車として使用されています。

   
沼津22く1612(熱海)


K−U31L(富士5E)

 西武バスからの転入車です。数年前までは3E型とともに、多数在籍していました。

   
沼津22く1633(2897 沼津)


K−U31K(富士5E)

 西武バスからの転入車の短尺車です。最後は沼津(伊豆箱根自動車)・熱海に在籍していました。

   
沼津22く2269(2764 熱海)


K−RM80G(富士6E)

 西武バスからの転入車です。昭和58(1983)年式が3台、静岡地区に配置され、沼津・三島や伊豆長岡・修善寺などでその姿を見ることが出来ました。平成12(2000)年までに全車廃車となりました。

   
前:沼津22く1605(沼津)相州屋@副管理人撮影 後:沼津22く1603(伊豆箱根自動車大仁)


U30L(富士3E)

 西武バスより転入しました。画像の車は昭和53(1978)年式ですが、直結冷房を搭載しております。

   
相模22か3504(小田原)相州屋@副管理人撮影


P−U32N(富士5E)

 昭和60(1985)年に小田原地区に5台導入された車です。長尺車、低床車で導入され、当時としては一歩先を行った車両でした。しかし、箱根運用に入れないといった運用の都合もあり、早々に姿を消してしまいました。

   
相模22か2866(小田原)相州屋@副管理人撮影


K−RA51TA改(富士R1)

 昭和50年代中頃の伊豆箱根の貸切主力車で、まだ日野と勢力を2分する頃の車両です。富士R1ボディではすべてこのスタイルで導入されました。末期は、乗合車に格下げされ、定期観光でも活躍しました。

K−RA51TA改   K−RA51TA改
沼津22く1624(2562 熱海)相州屋@副管理人撮影


P−RA52TA(富士R3)

 K−RA51TAの後継車両です。スケルトンボディで登場し、伊豆箱根の貸切の主力をになった時期もありました。末期はほとんど乗合に格下げされることなく廃車されました。

P−RA52TA   P−RA52TA
相模22か2813(2205 小田原)相州屋@副管理人撮影


K−RM80E(富士)

 中型貸切車で、側面ガラスは当時の最先端を行くカーブドガラスでした。定期観光の運用に入ることもありました。

K−RM80E   K−RM80E
沼津22く・575(2181 熱海)相州屋@副管理人撮影