東海バス なつかしの車両−日野


KK−RX4JFEA(日野)

 平成11年に湯〜遊〜バスの増車用として、当時、専用車両を持っていな かった伊豆東海バスに登場しました。定員を重視したため、リエッセベースとなりました。デザインは故池田満寿夫氏のものです。

nuK0089.jpg (46015 バイト)   nuK0089-r.jpg (48932 バイト)
沼津200か・・89(伊豆−熱海) ※相州屋@副管理人撮影


U−RU2FTAB(日野)
 平成3年、あさぎり号沼津乗り入れに伴い、連絡特急用として3両が登場しました。公式側は小田急20000系色、非公式側はJR371系色というユニークな塗りわけでした。

nu1666.jpg (64736 バイト)   nu1666-r.jpg (49855 バイト)
沼津22く1666(396 西伊豆)

 平成14年にあさぎり号塗色から小田急グループ統一貸切色に変更されています。

   
沼津22く1664(394 西伊豆) ※東海三郎様撮影


U−RU2FTAB(日野)

 平成5年に、貸切用として2両が導入されました。現在は小田急グループ色に塗りかえれられております。

nu1976.jpg (35979 バイト)   nu1976-r.jpg (39630 バイト)
沼津22く1976(新東海)


U−RU3FTBB(日野)
 平成14年、沼津箱根登山自動車の貸切営業廃止に伴い新東海バスへ移籍してきた車両です。当時は折り戸が主体だった東海バス貸切車の中では、プラグドアは新鮮でした。

nu1829.jpg (71834 バイト)   nu1829-r.jpg (65416 バイト)
  沼津22く1829(新東海) ※相州屋@副管理人撮影


U−RU2FNBB(日野)
 平成5年式の車両で、箱根登山鉄道小田原観光(営)→沼津箱根登山自動車を経て、沼津登山東海バスに移ってきました。現在は塗色変更を受け、15年7月から西伊豆特急の沼津持ちの運用で活躍していましたが、平成23年に廃車となっております。

   
沼津200か・・56(747 沼津)


U−RU1FRAA(日野)
 平成3年に5両が導入されました。松崎・修善寺を拠点にに下田・河津・三島へと、距離の長いローカル運用を中心に活躍した車両です。松崎車が一足先に廃車となった後も、修善寺車が活躍しておりましたが、平成24年に全廃となりました。

nu1695.jpg (40798 バイト)   nu1695-r.jpg (35467 バイト)
沼津22く1695(401 西伊豆)


U−HT2MLAA(日野)
 平成13年に導入された平成2年式の車両で、それまでは東京都交通局で活躍しておりました。沼津・修善寺に1両ずつの配置でしたが、平成24年の沼津車の廃車に伴い、全廃となりました。

   nuK0320-r.jpg (37627 バイト)
沼津200か・320(685 沼津) ※東海 三郎様撮影


U−HT3KMAA(日野)
 平成5〜6年に導入された車両です。修善寺と松崎に配属され、主として西伊豆ローカル用に使用されています。この車は平成6年式の車で、平成12年に塗色が変更され、オレンジ羽根となりました。

   nu2053-r.jpg (37882 バイト)
沼津22く2053(514 西伊豆)

 変更後の画像です。西伊豆ライナーの後継車として、兼用車塗色に変更されました。 平成22年11月に廃車となっております。

nu2053-2.jpg (71963 バイト)   nu2053-r22.jpg (37570 バイト)
沼津22く2053(514 西伊豆) ※後部画像…東海三郎様撮影


P−CG277AA(東京特殊)
 平成2年に導入されたグループです。トラックシャーシがベースのため、ミッドシップエンジン車となっています。伊東駅〜海洋公園〜シャボテン公園、伊豆急高原駅〜シャボテン公園間など、観光名所が多い路線を走っておりました。1539が最後まで残りましたが、もっぱら予備車となっておりました。

   
沼津22く1539(伊豆東海−伊東)

nu1538.jpg (43991 バイト)   nu1538-r.jpg (43937 バイト)
沼津22く1538(伊豆東海−伊東)


U−HT2MLAA(日野)
 平成16年に箱根登山バスより転入した車両です。噂では都営バスの発注流れとかで、中扉を無理やりサッシで埋めたような痕跡があります。当初は前面のみ東海バス色での登場で、話題になりました。

   
沼津200か・616(794 南伊豆東海−下田) ※東海三郎様撮影

 平成21年に側面部の塗り替えが行われ、より独特な外観になりましたが、24年に廃車となっております。

   
伊豆230あ・794(794 南伊豆東海−下田) ※東海三郎様撮影


U−RB2WGAA(日野)
 平成3年式の車両で、箱根登山鉄道沼津(営)→沼津箱根登山自動車を経て、沼津登山東海バスに移ってきました。 丹那系統廃止後はもっぱら函南系統のスクール路線に充当されていました。

   
沼津22あ・・75(B032 沼津)


P−HT233BA(日野)
 東京都交通局から移籍した車両です。平成10年、分社化に向けた車両改善の一環で導入されました。 昭和61年式が5両、63年式が3両の計8両が投入されました。最初の2両は方向幕を小型のものに取り替えて使用していました。
nu2345.jpg (80233 バイト)   nu2345-r.jpg (63648 バイト)
沼津22く2345(熱海→伊豆−伊東)
 平成10年夏導入の車両から大型方向幕&ローマ字表記が導入されました。
nuK0020.jpg (62340 バイト)   nuK0020-r.jpg (61207 バイト)
沼津200か・・20(南伊豆−下田)
 こちらは松崎導入車です。車内はほとんど2人がけにされておりました。平成17年夏を最後に廃車となりました。
   
沼津200か・・30(西伊豆)
 平成12年に導入された車両は4枚折戸車が導入されました。普段、中扉は締切ですが、伊豆東海バスにおいては、競輪輸送時などにおいて、威力を発揮しておりま した。
nuK0141.jpg (43899 バイト)   nuK0141-r.jpg (39815 バイト)
沼津200か・141(640 沼津→伊豆・伊東)

U−RJ3HJAA(日野)
 平成14年、首都圏公営企業から転入した平成2年式の車両です。前所有先では特定車として使用されていたため、中扉にリフトがついております。 当初は中伊豆東海バスに配置されましたが、伊東に転属し、廃車となりました。

   nuK0408-r.jpg (45132 バイト)
沼津200か・408(700 中伊豆→伊豆−伊東) ※東海三郎様撮影 


P−RJ172CA(日野
 P−RJ172BAの後継モデルで、東海バスでは平成元年と2年にそれぞれ2両ずつ計4両が導入されました。

nu1397.jpg (107347 バイト)   nu1398-r.jpg (93690 バイト)
  沼津22く1397(沼津)                    沼津22く1398(中伊豆) 


P−RJ172BA(日野)
 昭和59年から導入された中型乗合車です。年式により、相違がみられます。59年式は前灯が丸目2灯となっております。 647・648・650の3両が在籍しておりました。
nu0647.jpg (98647 バイト)   nu0647-r.jpg (97907 バイト)
沼津22く・647(沼津)
  昭和63年式から、ライトは標準仕様で角目4灯となっております。
nu1255.jpg (51502 バイト)   nu1255-r.jpg (49685 バイト)
沼津22く1255(伊豆東海−熱海→沼津)
 沼津登山東海バスの発足に伴い、編入された車両です。昭和60年式は平成20年に全廃となりました。62年式の1202は平成22年まで活躍しました。

   
沼津22く・853(734 沼津)


P−RU606BA(日野)
 平成2年式の車両で、箱根登山鉄道小田原観光(営)→沼津箱根登山自動車を経て、沼津登山東海バスに移ってきました。 最後は西伊豆特急に入ることもありました。

   
沼津22く2271(740 沼津) ※東海三郎様撮影 


P−RU638BB(日野)
 日野の1世代前の主力貸切車です。初期の車は塗色変更されずに廃車となりました。ちなみに、この車両はミャンマーに渡り、第二の活躍をしています。
   
沼津22く ・897(稲取) 相州屋@副管理人 撮影
 残った車は順次小田急グループカラーに塗り替えられて活躍しました。こちらは昭和63年式です。
nu1276.jpg (33557 バイト)   nu1276-r.jpg (36304 バイト)
沼津22く1276(新東海バス)

P−RU638AA(日野)
 もともと、貸切車として登場しました。全車廃車後、蓮台寺駅〜バサラ峠〜松崎・堂ヶ島間の特急バス「西伊豆ライナー」開設に伴い、1両が再び活躍し始めましたが、20世紀の終わりとともに廃車となりました。
 nu2216.JPG (64489 バイト)   nu2216-r.jpg (40343 バイト)
沼津22く2216(西伊豆)

K−RC381改(日野)

 昭和55年登場の車両です。一般路線用大型乗合車は、昭和49年以来6年ぶりの車となります。三菱K−MP118K、いすゞK−CJM470とともに、北伊豆営業所(現沼津)に集中配置されました。

nu0290.jpg (39226 バイト)   nu0290-r.jpg (37612 バイト)
沼津22く・290(沼津) 相州屋@副管理人 撮影

 昭和56年登場の車両です。初の大型方向幕装備のグループになります。熱海を中心に活躍していましたが、平成10年ごろまでに全車廃車となりました。

nu0403.jpg (46225 バイト)   nu0403-r.jpg (41866 バイト)
沼津22く・403(熱海) 相州屋@副管理人 撮影

RE100(帝国)

 東海バスのワンマン化の推進に大きな貢献をした車両です。バス窓、前後扉(後のり)、非冷房…昭和60年代初頭まではこのような車両ばかりでした。

si0756.jpg (46374 バイト)   si0756-r.jpg (67831 バイト)
静岡22き・756(北伊豆) 相州屋@副管理人 撮影