東海バス なつかしの車両−いすゞ


U−LR332J(富士6E)
 U−LRになってからも富士重工ボディでの導入が続きました。とはいうものの、平成6年に3台のみの導入にとどまっております。中伊豆に2台、西伊豆に1台の計3台が導入されています。

   
沼津22く2056(517 西伊豆)

 こちらは中伊豆に所属のうちの1台です。修善寺温泉周辺を回る定期観光バス用にラッピングが施されました。

nu2058.jpg (69107 バイト)
沼津22く2058(519 中伊豆) ※東海 三郎様撮影

  平成16年には、箱根登山バスから沼津登山東海バスに平成5年式車3両が転入してまいりました。こちらは平成25年までに廃車となりました。

   
沼津200か・607(789 沼津)


KC−LR333J(富士8E)
 KC−代のLRは、8Eボディで導入されました。平成8年式で、1両のみの導入でした。当初は伊東に配属され、分社にあわせて沼津に移り、平成25年まで活躍しました。

nu2217.jpg (71628 バイト)   nu2217-r.jpg (68950 バイト)
沼津22く2217(573 沼津)


U−LV324L(富士)
 小田急バスからの車両です。富士重工17E型ボディを袈装しております。伊豆東海バス伊東事業所に1両のみ所属しておりましたが、平成25年に廃車となりました。

   
沼津200か・763(伊豆−伊東)


U−LV324K改(富士)
 東京都交通局からの車両はIKボディに続き、富士7Eボディもが平成13年に2両転入し、伊東と松崎に配置されました。松崎の車は晩年には沼津へ転属となっています。ともに平成2年式でした。

nuK0368.jpg (54225 バイト)   nuK0368-r.jpg (56465 バイト)
沼津200か・763(伊豆−伊東)


U−LV318L(富士7E)
 U−規制の高出力LVです。平成3年式は、1657〜1662の6両が東海岸地区に導入されました。最後は熱海で最の活躍でした。平成25年に廃車となっております。

   
沼津22く1657(385 伊豆−伊東)

 平成6年式は、1両のみ松崎に導入されました。重整備の際に現行塗色に塗り替えられましたが、先に廃車となりました。

nu2054.jpg (58089 バイト)   nu2054-r.jpg (53033 バイト)
沼津22く2054(515 西伊豆)


U−LV324K(IKC)
 平成13年に入り、東京都交通局から転入してきました平成2年式です。P−LV314Kのモデルチェンジ車にあたりますが、移籍後は短命に終わる車が多かったようにみえます。

   
伊豆230あ・691(691 伊豆−伊東)

 こちらは、十六茶ラッピングの広告車であった関係からか、最後まで残った都営LVでした。

   
伊豆230あ・680(680 伊豆−伊東)


U−LV318L(富士7E)
 清水〜下田航路の開設に伴い、平成3年式のうち1台が、「くろしおくん」として下のように改装されました。 その後は簡易な外装に変更され、下田に移って活躍しておりましたが、平成22年6月に廃車となりました。

nu1661.jpg (42904 バイト)   nu1661-r.jpg (43176 バイト)
沼津22く1661→伊豆230あ・389 (389 西伊豆→南伊豆−下田)


BU10D(富士)

 こちらもグループ会社より導入された車両で非冷房です。こちらは、下のBU04よりも車体が長く、側面方向幕は中扉側にあり、前ドアは客席側に開き、知らない人はびっくりする強烈な車両でした。


沼津22く1193(伊東) 写真所蔵:山本 基 課長


BU04D(富士)

 昭和40年代に導入された初期のワンマン車両の置き換え用として、昭和60年からグループ会社より導入された車両で非冷房です。ちなみに、この車両は昭和51年式と、少々若返りのうえ、活躍しました。

   
沼津22く・985(沼津) 相州屋@副管理人 撮影


U−LV318L(富士7E)※もと箱根登山車
 平成16年、箱根登山バスより転入した車両です。すべて平成5年式で3両在籍しております。東海バスカラーへの塗り替えられ、この塗装は消滅しました。

   
沼津200か・595(784 伊豆−熱海) 相州屋@副管理人 撮影


P−LV314K改(IKC)
 グループ分社を控え、経年車両の体質改善のため一足早く導入された車両です。 東京都交通局から導入されました。昭和61年式は・・21が沼津に、ほかに・・23が伊東に在籍しておりました。

nuK0021.jpg (77205 バイト)   
沼津200か・・21(沼津)

 グループ分社後に登場した車両です。同じく東京都交通局からの導入です。ワイドドア車ですが、 中扉は波動輸送時に威力を発揮しました。各社に分散配置されておりました。

nuK0076.jpg (48906 バイト)   nuK0076-r.jpg (47840 バイト)
沼津200か・・76(沼津)

 同じく平成13年に導入された車両です。 従来の車両よりもオレンジが明るい色になりました。

nuK0263.jpg (68644 バイト)   nuK0263-r.jpg (67129 バイト)
沼津200か・263(665 伊豆−熱海→伊東) ※相州屋@副管理人 撮影

 こちらは河津町の「バガテル公園」オープンに伴って施されたラッピングバスです。バラ・ラベンダー・河津桜と花いっぱいのバスです。

nuK0276.jpg (47264 バイト)   nuK0276-r.jpg (49965 バイト)
沼津200か・276(673 南伊豆−稲取) ※T-T375(早稲田)様 撮影


P−LV314L(川重)
 グループ会社の神奈川中央交通から導入しました。川重キュービックは、主に伊東.・熱海地区で活躍 、そのほかの営業所にも数量ずつ在籍しておりました。また、長尺のLV314Nも在籍しておりました。

nu2257.jpg (53022 バイト)   nu2257-r.jpg (47780 バイト)
沼津22く2257(熱海)


P−LV314L( 富士)
 グループ会社の神奈川中央交通から導入しました。この車両は中引戸車です。一時はすべての営業所に配属されており、川重CJM500につぐ主力車でありました。

   
沼津22く2019(南伊豆−下田)


P−LV314K(富士5E)
 グループ分社を控え、98年に東京都交通局から2両導入しました。IKCボディはその後も導入され続けましたが、富士5Eボディ車の導入はこのとき限りとなりました。なお、・・10は方向幕を小型改造してあります。

   
沼津200か・・11(南伊豆−下田)


P−LR312J(富士6E)
 平成元年と2年の車両は、富士重工6E型ボディで導入されました。こちらは平成元年式。2両が西伊豆東海バスの所属でした。

nu1402.jpg (47682 バイト)   nu1402-r.jpg (48633 バイト)
沼津22く1402(西伊豆) ※東海三郎様 撮影

2年式2両も西伊豆東海バスの所属でした。335が賀茂村立賀茂幼稚園の送迎用バスとして、専用カラーにラッピングされ平成21年まで活躍しました。

   
沼津22く1532→伊豆230あ・335(335 西伊豆)

 こちらは箱根登山からの移管車で、昭和62年式。2両が在籍しました。熱海管内の旧登山路線の運用に主に入っていました。

   
沼津22く1224(伊豆−熱海) ※相州屋@副管理人 撮影

 末期は登山時代の車番が消され、箱根フリーパス表示も撤去されました。

   
沼津22く1223(伊豆−熱海)


U−LV771R(IKC)
 平成4年式のみ、IKC車体で導入されてました。3台配置です。 うち1両は、末期にiライナー用として一時、高速運用に就きました。

nu1812.jpg (72823 バイト)   nu1812-r.jpg (65182 バイト)
沼津22く1812(新東海)


U−LV771R(富士)
 U−代のいすゞ貸切車は再び富士重工車体で導入されました。 平成3年5両、平成5年に3両、平成6年に5両の計13両が導入されています。この車は平成3年式はすでに全車廃車となりました。

   
沼津22く1713(西伊豆)

 こちらは平成6年式です。すでに小田急グループカラーに塗り替えられております。

nu2074.jpg (58370 バイト)   nu2074-r.jpg (79797 バイト)
沼津22く2074(新東海−下田)



P−LR312J(IKC)
 いすゞ初の中型乗合車として昭和59年に修善寺に3台が配置されました。その後各地に配置されるようになりました。画像の車両は、60年式の伊東車で、メッキバンパーです。

nu0737.jpg (85100 バイト)   nu0737-r.jpg (71904 バイト)
沼津22く・737(伊豆−伊東)

 こちらは昭和61年式の車両です。上の車両と塗りわけが異なっています。

nu0874.jpg (79906 バイト)   nu0874-r.jpg (60433 バイト)
沼津22く・874(中伊豆) ※前画像 東海三郎様撮影


BU04D(富士)

  東海バスのワンマン化推進時に大量導入されたBU04D、RE100などの置き換え用として、小田急バスから転入してきた車両の最終グループになります。非冷房車のため、東海バスでの活躍は短い車で5〜6年でした。


沼津22く1229(沼津) alpiko1939様撮影


BU20KP(川重)

  昭和54年、西伊豆特急開設時に日野RV731P、三菱MS513NAとともに導入された車両です。末期には、新塗装に更新された車両も存在しました。

   
左:沼津22く・125(修善寺) ねこも様撮影  右:沼津22く・130(松崎) alpiko1939様撮影

 新塗色になってからの前後の様子です。

   
沼津22く・132(松崎) 相州屋@副管理人 撮影


P−LV719R(富士)
  P−LV719Rは、昭和63〜平成2年にかけて導入され、富士重工ボディです。一部車両は小田急グループ貸切色に塗り替えられました。平成15年に全廃した模様です。

nu1279.jpg (41872 バイト)   nu1279-r.jpg (44018 バイト)
沼津22く1279(新東海)


K−CJM500(北村)

  神奈川中央交通より転入してきました、北村製作所製の車体です。もともと少数でしたが、99年3月までにすべて廃車されております。

   
沼津22く1438(沼津)


K−CPM520(富士3E)
  小田急バスより転入した、CJMの高出力バージョンです。伊東を中心に活躍しました。

   
沼津22く1880(伊東)


K−CJM500(富士3E)
  小田急バスよりの転入です。 非冷房車を駆逐し、一時の主力車種になりましたが、平成10年頃から急速に姿を消し、平成12年度に全廃となりました。

   
沼津22く2023( 沼津)

 こちらは神奈川中央交通からの転入です。小田急バスからの車両と比べて前面方向幕が小型であること、側面方向幕の位置の違いなど、 前籍事業者により仕様がかなり異なります。

   
沼津22く1468(伊東)


K−CJM500(富士5E)
 この車は小田急バスからの転入車です。平成6年に5台入り、沼津・伊東・下田・松崎・修善寺に各1台ずつ配置されていましたが、平成1 5年5月に中伊豆の2103が廃車となって、全車消滅しています。

   
沼津22く2097(沼津)

 こちらは 神奈川中央交通からの転入です。上の車両と比較すると、前面方向幕が小型であること、側面方向幕の位置の違いなど、前事業者によって仕様が異なります。

   
沼津22く1738(南伊豆・下田)


BU10D(富士)
 東海バスのワンマン化推進時に大量導入されたBU05D、RE100などの置き換え用として、小田急グループ系の神奈川中央交通から導入されました。非冷房のため、比較的短命に終わっています。なお、当時、古参の自社導入車は前後扉、新しい自社導入車はトップドア、中古車は前中扉とバラエティに富んでいました。

nu0799.jpg (44402 バイト)   nu0799-r.jpg (41726 バイト)
沼津22く・799(修善寺) 相州屋@副管理人 撮影


BU10D(川重)
 こちらも同じく神奈川中央交通からの導入車です。新塗装(といっても現在では旧塗装になりますが…)でお目見えしました。このあたりのグループは、1990年代初頭あたりまで見かけることができた最後の非冷房車のグループです。

nu1067.jpg (43763 バイト)   nu1067-r.jpg (38913 バイト)
沼津22く1067(熱海) 相州屋@副管理人 撮影
当時の熱海営業所所属車は、広告枠が全くついていない車が多く、外観の細部がよくわかりました。

 こちらは、前面方向幕を狭めて使用していたタイプです。前扉が乗客側に開くタイプでしたので、慣れていないとドアが目の前に迫ってくるため、ひやりとさせられたものでした。

   
左:沼津22く1151(伊東) ねこも様撮影       右:沼津22く1179(伊東) ねこも様撮影 


K−CJM470V(川重)
 大型乗合車初の冷房車の一陣で、昭和55年にK−MP118KやK−RC381とともに計19台が北伊豆営業所(現:沼津)に導入されました。CJMは数が少なく、4台(沼津22く・294〜297)にとどまっています。翌56年にも4台導入され、こちらのボディは富士重工の架装です。

nu0295.jpg (43843 バイト)   nu0295-r.jpg (35276 バイト)
沼津22く・295(沼津−当時) 相州屋@副管理人 撮影
「低床車」のプレートは夏は「冷房車」になりました。


K−CJM500(川重)
  冷房化推進のため、神奈川中央交通より昭和63年〜平成元年にかけて転入してきました。 富士重工製とともに一時主力車種になりました。その後代替が進み、川重車体 製は平成11年3月に全廃となりました。

   
沼津22く1437( 沼津)


BU04D(川重)

 ワンマン化のための大量増備車のうち、最終グループにあたります。 昭和48年に導入された車です。この年からBU04になりました。 この頃はまだ前後扉の仕様で導入されていました。リアの大きな2枚窓が何とも言えません。

   
静岡22き・908(北伊豆) 相州屋@副管理人 撮影