東海バス なつかしの車両−三菱ほか


U−MJ527F(新呉羽)

 平成3年式で貸切用として3両在籍していました。この車は、ゴルフ場の送迎用として長年活躍の後、伊東市内スーパーの送迎用として最後の活躍をして、平成24年に廃車となりました。

   
伊豆230あ・417(417 伊豆−伊東)

 この車は東海バス分社の際に登録を抹消されましたが、その後、熱海の自然郷専用車として再登録されました。

nu2A0034.jpg (47501 バイト)   nu2A0034-r.jpg (43279 バイト)
沼津200あ・・34(614 伊豆−熱海) 相州屋@副管理人撮影


KC−MK219J(MBM) 塗色消滅

 平成11年に当時の箱根登山鉄道熱海営業所に配属された車両です。方向幕からLED行先表示に改造され、平成17年には東海バスカラーに変更され、この塗色は消滅しております。

   
前:沼津200か・・55  後:沼津200か・・54(伊豆東海−熱海) 相州屋@副管理人撮影


U−MK117J(新呉羽)

 平成4年式の車です。箱根登山鉄道→沼津箱根登山自動車を経て沼津登山東海バスに引き継がれました。末期はLED表示に改造され、活躍しました。

   
沼津22く1853(沼津)


U−MS726N(三菱)

 平成3年、西伊豆特急車両のBU20KPやRV731P、MS513Nなどの代替車両として2両導入されました。 末期は松崎を中心に西伊豆ローカルなどで活躍し、平成21年に入り廃車となりました。

   
沼津22く1670(西伊豆) 相州屋@副管理人撮影


U−MS726S(三菱)

 U−代の車は独立懸架エアサスペンションで入りました。平成3年と4年に計9両導入されました。 

   
沼津22く1807(新東海)

 当初は旧貸切色で登場しましたが、その後小田急グループカラーに塗り替えられました。

   
沼津22く1808(新東海−修善寺)


P−MP218K(新呉羽)

 2000年東京都交通局より三菱車も移ってきました。沼津・伊東・修善寺で活躍しておりました。ちなみに、沼津・伊東の車両は試験的にLED式行き先表示機が搭載され、この結果を元にメーカーが決定されたようです。

   
沼津200か・169(伊豆−伊東)


P−MP218M(呉羽)

 MP118の後継車種です。神奈川中央交通より転入の車です。伊豆東海バスの伊東に2両在籍していました。

   
沼津22く2262(伊豆−伊東)


P−MS715S(三菱)

 貸切車です。昭和59年、61〜63年に計13両導入されました。貸切車の主力でもありました。

   
沼津22く1091(新東海)

 昭和63年式の中には、小田急グループ色に塗り替えられた車も存在しておりま した。

   
沼津22く1274(新東海→南伊豆−下田)


P−MS729S(三菱)

 平成2年、伊東−名古屋間を結ぶ高速バス「伊豆スパー」用と して登場した車両です。登場時の塗色は伊豆半島を側面にデザインしたものでしたが、路線廃止後に貸切に転用され、最後は小田急グループ貸切カラーになりました。

   
沼津22く1557(新東海−沼津)  後部画像は相州屋@副管理人撮影


P− MK117J(新呉羽)

 昭和63年〜平成2年の3年間に2両ずつ計6両が導入されました。うち元年式の1399、1400はアーティスト号色に、2年式の1535が天城号色に変更されております。 こちらは元年式です。

   
沼津22く1399(294 伊豆東海−伊東)


P−MK116J(呉羽)

 平成14年10月、熱海地区の路線バス再編に伴い、箱根登山鉄道から伊豆東海バスに編入された車両です。昭和60年式で、トップドア車ですが、東海バスオリジナル車と比較すると窓割りが異なっています。

   
沼津22く・843(伊豆−熱海)

 昭和60年式は4両(く735・736、871・872)導入されています。 そのうち735・736の2両は、最後の2段サッシ窓での導入車です。


沼津22く・736(沼津)

 昭和60年式の後半2両(く871・872)からは、引き違い窓に変更されました。

   
左(前面):沼津22く・872(沼津) 右(後面):沼津22く・871(沼津)

 62年式はに2両(く1073・1074)の導入されました。

   
沼津22く1074(沼津)


K−MK116J(呉羽)

 昭和57年に6両(く472〜477)、58年に6両(く556〜561)の計12両導入され、先に導入された大型車とともに冷房化推進の一役を担いました。57年式は下田、58年式は主に修善寺地区に配属されていたようですが、最後は全車が沼津に配置され、平成12年に全廃となりました。

   
沼津22く・473(沼津)


K−MP118M(富士5E)

 グループの小田急バスから平成6年に転入してきました。2107と2109の2両が在籍しておりました。車体は富士重工製 で、東海バスにおいても希少な車種でした。

   
沼津22く2107(531 伊豆−伊東)


K−MP118K(三菱)

 東海バス初の一般乗合用の冷房車として昭和55年7月に沼津22く279〜288までの10台が北伊豆営業所(現沼津東海バス)に登場しました。当初は旧塗装(2世代前)で登場、羽根も簡略化されず描かれていました。


沼津22く・287(沼津)※相州屋@副管理人撮影

 その後、新塗色に変更となり、廃車までの間転属せず沼津・三島地区で活躍しつづけ、今は無き御殿場や元箱根の路線に入るなど活躍し続けました。

   
沼津22く・281(沼津)※相州屋@副管理人撮影


K−MP118M(三菱)

 小田急バスより移籍してきた車両です。三菱製車体と呉羽製車体の2種類が在籍していましたが、三菱製車体は一足早く引退しました。

   
沼津22く1715(沼津)

K−MP118M(呉羽)

 グループの神奈川中央交通から冷房化推進のため、導入されました。しかし、車齢も15年をすぎたため廃車が進み、下田に残った最後の1両も、平成13年に廃車となりました。

   
沼津22く1743(南伊豆東海−下田)

MK115H(呉羽)

 昭和54年式です。当初は貸切車として登場しましたが、晩年は新塗色化の上、路線車に格下げされました。シートは貸切時代のままでリクライニングも可能でした。

   
沼津22く・200(沼津) ※相州屋@副管理人撮影

 こちらは昭和55年式、神奈川中央交通から昭和61年に転入しています。小判登録でした。

   
沼津22あ・・34(沼津) ※相州屋@副管理人撮影

P−FGW40C(日産)

 おそらく、東海バス唯一の日産車です。熱海駅〜自然郷用の車両として活躍しました。

   
沼津22あ・・30(熱海) ※相州屋@副管理人撮影