箱根登山−三菱−なつかしの車両


MS513NA(呉羽)

 昭和54年式です。53年1両、54年2両とわずかに3両の導入にとどまりました。B905Nは大量に導入されましたが、その後のB907NAとこの形式は少数の導入にとどまりました。

   
相模22か3674(BH371→B371 東京観光→小田原観光) 相州屋@副管理人撮影


KK−MK25HJ(MBM)

 平成14年に追加導入された、箱根施設めぐり用MKです。B958〜960の3両が導入されました。B958・959はスカイライトの増備とともに一般色へ変更されましたが、B960のみ宮城野で平成24年8月まで活躍しておりました。

   
湘南200か・391(KB23→B960  宮城野) ※相州屋@副管理人撮影


KK−MK23HJ(MBM)

 平成12年〜13年にかけて導入された車です。側窓がT字窓にな りました。12年式が4両、13年式が2両導入されましたが、うち熱海車の3両(12年式2両、13年式1両)は伊豆東海バスに移管されております。平成23年までに全廃となっております。

   
湘南200か・201(B939 小田原) 相州屋@副管理人撮影


KC−MK219J(MBM)

 平成8年に1両(B893−小田原)、10年に3両(B908−熱海、B913・B914−小田原)が導入されました。B913とB914の2台はアイドリングストップ車です。

    
湘南200か・・16(B913 小田原) 相州屋@副管理人撮影

 後にLED式の行先表示機に変更されました。

    
湘南200か・・17(B914 小田原) 相州屋@副管理人撮影

 平成11年には5両導入(B919〜921、B933、B934)されました。なお、熱海配属のB919・920は伊豆東海バスへ移籍しました。
   
湘南200か・100(B933 小田原) 相州屋@副管理人撮影

K−MK116J(呉羽)

 昭和57年に2両導入されたトップドア、分散クーラー搭載のメトロ窓車です。もとは旧塗色で側面幕はドア直後に設置されていました。最後は2両とも熱海に転属しております。

   
沼津22く1854(B514 熱海) ※相州屋@副管理人撮影


KL−MP35JK(MBM)

 平成16年式のB991は、試験塗色に変更されましたが、平成21年に入り、登山色となり、この塗装は消滅しました。

   
湘南200か・603(B991 小田原) ※相州屋@副管理人撮影


KC−MK219J(MBM)

 平成11年導入の熱海車(B919・920)です。熱海分離後は伊豆東海バスに在籍し、東海バス色に変更されております。
   
沼津200か・・54(B919、熱海→伊豆東海バス)

KK−MK23HJ(MBM)

 平成12年に導入された 熱海車です。B936とB937が在籍しましたが、伊豆東海バスに路線ごと移管されました。

   
沼津200か・151(B937 熱海→伊豆東海バス) 相州屋@副管理人撮影

 平成13年に導入の熱海車は、ブラックサッシとなり、窓周りが引き締まって見えます。TA22のみ在籍しておりました。この車も伊豆東海バスに移管されました。

   
沼津200か・261(TA22 熱海→伊豆東海バス) 相州屋@副管理人撮影

 側窓がニューエアロスターと同じく、T字窓になっています。こちらは箱根施設めぐりの3両目として導入されました。専用塗色で したが、最後は一般色に直され、関本で活躍しました。

   
湘南200か・241(KA21→B956 小田原観光→宮城野) 相州屋@副管理人撮影


 KC−MP317KT(MBM)

 平成9年にまず2両(B899−小田原、B900−熱海=のち小田原転属) が導入されました。ターボ付きです。

    
湘南200か・151(B900 熱海→小田原) 相州屋@副管理人撮影

 平成10年に導入された車両です。(B910−小田原)

   
湘南200か・・・6(B910 小田原) 相州屋@副管理人撮影

 平成9年式と10年式の車両はあたらしい塗色のデザイン検討用に、計3両に試験的に塗装されました。

   
湘南22か・230(B899 小田原) 相州屋@副管理人撮影

 こちらはその2両目になります。

   
湘南200か・151(B900 小田原) 相州屋@副管理人撮影

 3両目です。

   
 湘南200か・・・6(B910 小田原) 相州屋@副管理人撮影

 平成11式は2両(B917・B918−小田原)が導入されました。

   
湘南200か・・61(B918 小田原) 相州屋@副管理人撮影

  11年式の2両は、新デザイン案のラッピング車となりました。

   
湘南200か・・60(B917 小田原) 相州屋副管理人撮影

   
湘南200か・・61(B918 小田原) 相州屋副管理人撮影


K−MP118M(呉羽)

  箱根登山と同じ小田急グループである神奈川中央交通からの転入車です。転入時期により、形態が異なっていました。

   
相模22か3683(B696 湯河原) 相州屋@副管理人撮影

 B723〜B730までは、中扉を埋め、ステップ部分に座席を増設したタイプでした。

   
沼津22く2160(B723 小田原観光→熱海) 相州屋@副管理人撮影

 末期は再び中扉を残した形となりました。

   
相模22か4209(B748 小田原観光) 相州屋@副管理人撮影


P−MK117J(新呉羽)

 P−MK116Jのモデルチェンジ車です。そのため台数は少なく、昭和63年(B705)と平成元年(B737)に各1両、平成2年(B767・B768)に2両導入の計4両にとどまっています。熱海2・足柄1・沼津(沼津箱根登山自動車)1の配置でした。小田原・足柄の車両は廃車、熱海と沼津の車両は東海バスグループへ転籍となり、形式消滅しました。

   
沼津22く1823(B705 熱海、元湯河原 相模22か3690)


P−MK116J(新呉羽)

 以前の三菱中型車の主力で、ほとんどが熱海に配置されていました。湯河原にも1台配置されていま したが、この車は小田原・熱海・箱根に顔を出すなど、運用範囲の広い車でした。

    
相模22か3543(B673 湯河原)


P−MP218M(呉羽)

 平成6年に導入された昭和60年式5両のうちの1両です。この車のみ横浜市交通局から転入してきたため、前後とも大きいサイズの方向幕が入っています。箱根で活躍しておりました。

   
湘南22か・150(B891 小田原)


B905N(呉羽)

 貸切車の主力車種として導入されましたが、末期は乗合用に格下げされて使用されていました。その際、前面のライト周りが大きく改造されています。こちらは昭和45年式のB9で、リアの3連ランプが丸形です。

   
相模22か1898(B182 東京観光→仙石) 相州屋@副管理人撮影

 格下げ改造が行われたため、様々なバージョンが存在します。こちらは昭和48年式です。

   
相模22か2033(B270 東京観光→小田原観光→仙石) 相州屋@副管理人撮影

 上記車と同じ昭和48年式の車両です。末期に新塗装に塗り替えらました。ナンバーの取り付け位置やバンパーが異なります。

   
相模22か・543(B275 小田原観光) 相州屋@副管理人撮影

 こちらはフォグランプがバンパー埋め込みとなっています。

   
相模22か2954(B264 東京観光→小田原観光) 相州屋@副管理人撮影

 こちらはライト周りが、他の車両と異なります。格下げの際、ライト周りを簡易に改造されたものと思われます。

   
相模22か2029(B271 東京観光→小田原観光) 相州屋@副管理人撮影

 最終導入となった昭和49年式となります。1両のみの導入でした。小田原観光生え抜きの車両で、末期は乗合用に格下げ改造されました。

   
相模22か・895(BH320→B320 小田原観光) 相州屋@副管理人撮影


B907NA(呉羽)

 昭和51年に1両のみ導入されたB9シリーズの高出力車です。末期は乗合車として箱根方面に投入されていました。

   
相模22か3540(B332 東京観光→小田原観光→仙石) 相州屋@副管理人撮影