箱根登山−日野−なつかしの車両

(旧箱根登山観光バス所属車は、所属の前に「観光−」表記があります。)


KK−RX4JFEA(日野)

 平成10年排出規制に対応したリエッセです。登山では小型登録車は一足先に廃車となり、大判ナンバー車が最後まで活躍しておりました。

   
湘南200か・246(KA31→B061 小田原→湯河原) 相州屋@副管理人撮影


KC−RJ1JJAA(日野)

 平成11年、箱根施設めぐりバス用として1両、導入されました。当初は正面はイラストが入っておりませんでした。

   
湘南200か・・82(B929 小田原) 相州屋@副管理人撮影

 その後、正面にイラストが入り、側面とのバランスが良くなっております。

   
湘南200か・・82(B929 宮城野) 相州屋@副管理人撮影

 末期は富士フイルムグループの特定車として活躍しておりました。

   
湘南200か・・82(006 小田原) 相州屋@副管理人撮影


P−RU192AB(日野)

 9m大型車です。平成元年に2 両、平成2年に2両の計4両が導入されました。平成14年、箱根登山観光バスの廃業と同時に廃車となりました。

   
尾張小牧22か1277(No.8、観光−小牧) ※相州屋@副管理人撮影


P−RU638BB改(日野)

 昭和62年式の車両2両には、シアターサルーン車が導入され、長い間登山観光のフラッグシップとして活躍してきました。平成13年に全廃されました。


尾張小牧22か1273(2、観光−小牧)


P−RU638CB(日野)

 ブルーリボンです。サッシ窓タイプの小田急グループ色は登山本体には存在しませんでした。


尾張小牧22か1259(N160、観光−小牧)

 こちらは、箱根登山鉄道東京営業所からの移籍組の車両です。

   
多摩22か4655(BH741、観光−関東) ※相州屋@副管理人 撮影


U−RU3FTBB(日野)

 高出力・フルエアブレーキのセレガです。湘南箱根登山自動車から転属してきた車両も見ることができました。

   
多摩200か・198(BH771、観光−関東) ※相州屋@副管理人 撮影


U−RU2FTBB(日野)

 平成4年導入のセレガです。フルエアブレーキ装備の車両でした。 平成14年、箱根登山観光バスの廃業と同時に廃車となりました。


尾張小牧22か1268(N171、観光−小牧)


KC−RU4FSCB(日野)

 平成11年導入のセレガです。社番に合わせた希望ナンバーでの導入でした。 平成14年に湘南箱根登山自動車に移っております。

   
尾張小牧230あ・183(N183、観光−小牧) 


P−RJ172BA(日野)

 昭和58年末に導入された車両です。リーフサスペンションではありますが、メトロ窓で車内にはハイバックシートが並ぶグレードの高い車両で、5 両が導入されました。分社以前に4両が小田原観光営業所に転属し、こちらは一足早く廃車。残った1両も、平成13年2月の新車導入にともない廃車となりました。

   
沼津22く・641(B522 沼津(営)→沼津箱根登山自動車)


RV550P(日野)

 昭和51年式です。61年に常磐交通自動車から6両を導入。うち1 両が沼津に配置されました。乗合登録で、車外スピーカーが設置されておりました。平成元年に仙石(営)へ転属ております。


沼津22く・930(B624 沼津(営)) ※相州屋@副管理人撮影


RV730P(帝国)

 昭和48年のみ導入の車両です。沼津への新製配置はありませんでし たが、昭和58年に1両、60年に2両が小田原観光(営)から転入。乗合用として使用されました。

   
沼津22く・640(B247 沼津(営)) ※相州屋@副管理人撮影


RV100P(帝国)

 昭和45年に1両、貸切用として導入されました。その後は昭和57年に格下げ改造を受け、 沼津(営)に転入。61年には小田原観光(営)へ転属しました。また、57年に格下げ改造された2台が小田原観光(営)と横浜(営)から転入しております。

   
沼津22く・478(B170 沼津(営)) ※相州屋@副管理人撮影


KC−HU3K LCA(日野)

 沼津箱根登山自動車発足後の導入車両で、いすゞKC−LV380Lとともに平成10年12月に登場しました。エアサス・高出力車です。沼津登山東海バス→西伊豆東海バスへと移っています。

   
沼津200か・・38(NB101)


KC−RU4FSCB(日野)

 沼津箱根登山自動車に平成12年 に導入されたセレガです。日野貸切車では初の導入となりました。沼津の統合後は、湘南箱根登山自動車に移り、現在に至ります。

   
沼津200か・165(NH108)→湘南200か・365 ※相州屋@副管理人撮影


KL−RU1FSEA(日野)

 同じく平成13年導入のセレガRです。 スーパーハイデッカーでの導入されました。沼津の統合後は、湘南箱根登山自動車に移り、現在に至ります。

   
沼津200か・287(NH111)→湘南200か・366 ※相州屋@副管理人撮影


KC−RX4JFAA(日野)

 平成6年排出規制に合わせて登場したリエッセです。大型登録車の路線車のうち、1両が神奈中スイミングの送迎バス用の特定車になりました。その際、定員変更を行い、小型登録になりました。

   
湘南200あ・133(B053→053 湘南200か・・14 小田原) 相州屋@副管理人撮影


KC−HU3KLCA(日野)

 平成8年に1両(B894)、平成9年に2両(B897、B898)10年に1 両(B907)それぞれ導入され ました。 短尺高出力・エアサス車です。すべて小田原営業所所属でした。

   
湘南22か・343(B907 小田原)

 こちらは平成8年式の車両です(B894) 。熱海から転属後、箱根を中心に活躍していました。最後はワンマン機器取り外しの上、病院の送迎にあたっておりました。

   
湘南200か・148(B894 小田原) ※相州屋@副管理人撮影


U−RJ3HJAA(日野)

 平成3年から平成7年まで投入が続いた車両です。平成3年式は、小田原・熱海に導入され、メトロ窓仕様になっていました。

   
相模22か4370(B784 小田原 )

 こちらは平成7年式の車両で、仙石常駐だった車両です。平成18年1月で全廃となりました。

   
湘南22か・・・9(B863 小田原−仙石常駐) 相州屋@副管理人撮影

 仙石常駐車の運用は箱根施設めぐりがほとんどのため、この車両も平成16年1月にラッピングにて施設めぐり色に変更されました。

   
湘南22か・・・9(B863 小田原−仙石常駐) 相州屋@副管理人撮影


KC−RU3FSCB(日野)

 湘南箱根登山自動車のセレガハイデッカー車です。箱根登山観光(名古屋)に平成10年に導入された車両で、14年閉鎖時に転属してきた車両です。

   
湘南200か・350(N178 湘南箱根登山) 相州屋@副管理人撮影


U−HT2MLAA(日野)

 B874〜B879の5両が同時に投入されました。 某公営交通の発注キャンセル車のため、トップドアのHTですが、側面中央部の窓割りが不自然です。4枚折戸部分を埋めて客席にしたためです。平成18年5月に全廃となりました。

   
湘南22か・・68(B879 小田原)


U−HT2MLAA(日野) 箱根ゴールデンコース40周年記念

 箱根ゴールデンコース40周年を記念して、旧塗色に塗り直され登場したのがこの車です。最初は黒バンパーで登場したものの、営業開始前に塗り直されたとのことです。

   
湘南22か・・64(B874 小田原) 相州屋@副管理人撮影

 そして、さらに方向幕周りを青色に塗られ、ギャラリーバスとなりました。廃車後は、沖縄に渡っています。

   
湘南22か・・64(B874 小田原)


U−RU3FTBB(日野)

 箱根登山の日野貸切車の主力車種で した。登山バスの貸切部門再編に伴い、平成14年に全車廃車となりました。

   
相模22か4344(BH769 箱根湯本バス) 相州屋@副管理人撮影


P−RU638BB(日野)

 P−RU638AAのモデルチェンジ車で、昭和60と61年に導入された貸切車です。プラグドアで採用されました。

  
横浜22か5484(BH594 横浜) 相州屋@副管理人撮影


P−RB145AA(日野)

 小型乗合車です。主に狭隘路線や輸送人数の少ない路線を中心に運用されています。平成15年に全車廃車となりました。

   
相模22あ・・98(B015 足柄)


P−RT223AA(日野)

 平成7年、東京都交通局から導入されました昭和60年式の車両です。B880〜B884の5両が在籍しておりまた。B883以外は、平成13年に廃車になりましたが、883は廃車を免れ予備車として平成15年3月廃車になるまでの間、幕山公園臨時などで活躍しました。
  
湘南22か・・62(B883 小田原) 相州屋@副管理人撮影

K−RR172AA(日野)

 昭和56年、箱根登山にも中型車が登場しました。この代の車両は、エアサスペンション、メトロ窓、ハイバックシートとハイグレードな車両でした。
  
相模22か2193(B512 小田原) 相州屋@副管理人撮影
 こちらが旧塗色、登場時を思わせる塗色です。
  
相模22か2192(B511 関本) 相州屋@副管理人撮影

K−RJ172AA(日野)

 昭和57年に6両(B516〜B521)導入されました。 同時期に三菱のK−MK116Jも導入されています。平成11年ついに足柄の最後の1両が廃車となりました。板ばね車ですが、メトロ窓、ハイバックシートと比較的豪華な車です。

  
相模22か2283(B521 足柄)

 こちらが旧塗色です。
  
相模22か2279(B517 小田原) 相州屋@副管理人撮影

RE100(帝国)

 昔の箱根登山の一般乗合車の代表的存在で、乗合車が配置されているすべての営業所に配置されていました。非冷房車でしたので、神奈川中央交通や長崎バスからの中古車の導入とともに姿を消しました。
 なお、導入時期や更新時期によって様々な細部の違いがあって、面白い車両でした。
 こちらが代表的な帝国車体、旧塗色のREです。
  
相模22か・404(B231 湯河原) 相州屋@副管理人撮影
 新塗色はこのような感じでした。

  
相模22か・768(B313 小田原) 相州屋@副管理人撮影

 同じく帝国車体のRE100ですが、特注のサッシ窓です。このため、日野車体製との区別が難しいです。

  
相模22か・898(B325) 相州屋@副管理人撮影


RE100(金産)

 帝国車体のREと平行して導入された金産車体製です。同時期の帝国製と似ていますが、ドアの窓の天地方向が短いこと、非常口の窓が開閉可能である、非常口の幅が狭い、側面最後部の小窓にRがついているといった差異がみられました。
  
相模22か・410(B228 湯河原) 相州屋@副管理人撮影

RV730P(帝国)

 この車は、箱根登山観光バスから転入した車両です。このため、空き番であるBH100が割り当てられました。過渡期の車両で、登山ではこの1 両のみでした。

  
相模22か2989(BH100→B100 小田原観光) 相州屋@副管理人撮影


RV741P(日野)

 群馬県の赤城観光から転入しました。当初は熱海で貸切に使用されていましたが、後に小田原観光営業所に移り、貸切用として最後まで活躍しました。

  
相模22か4183(BH632 小田原観光) 相州屋@副管理人撮影


RV741P(日野)

 群馬県の上信観光バスからBH607、608にあたる2両が転入してきました。当初は貸切用として使用されていましたが、末期は乗合用に格下げされました。

  
相模22か2960(BH608→B608 小田原観光) 相州屋@副管理人撮影


K−RS360P(日野)

 モノコックボディーが主流の当時にスケルトンボディーで一世を風靡した日野のRS360です。昭和56年と57年に導入されました。56年式は固定窓で導入されました。

  
沼津22く・433(BH399 熱海) 相州屋@副管理人撮影

 こちらは57年式です。固定窓からサッシ窓に変更されています。

  
沼津22く・481(BH506 沼津) 相州屋@副管理人撮影


P−RU638AA(日野)

 K−RS360Pに続いて昭和59・60年に導入された貸切車です。プラグドアで採用されました。

  
沼津22く・722(BH555 熱海) 相州屋@副管理人撮影