箱根登山−いすゞ(なつかしの車両)



KL−LV280L1(いすゞ)

 平成16年の導入車です。B994・995の2両が導入されました 。平成25年1月に廃車となっております。この車両を最後に、箱根登山バスからいすゞ製の大型乗合車は消滅しました。

   
湘南200か・599(B995 小田原)※相州屋@副管理人撮影


KC−LV782R1(いすゞ)

 箱根湯本バスに貸切が全面移管されてから初めての新車です。三菱のエアロが1台、ガーラが2台の計3台導入され、そのうちの1両です。

   
湘南200か・105(312 箱根湯本バス→湘南箱根登山自動車→箱根登山観光バス 小田原)


KL−LV280L1(いすゞ)

 平成15年春に導入されたエルガで、B979、B980の2両が納入されました。ラッピングを施すことができるような塗色になっておりますが、当初はなんとなく寂しいデザインでした。平成24年2月に廃車となっております。

   
湘南200か・493(KC14→B980 小田原)※相州屋@副管理人撮影

 その後、側面と後面にアクセントが加えられ…

   
湘南200か・493(KC14→B980 小田原)※相州屋@副管理人撮影

 初ラッピングは、箱根小涌園でした。どうやら無料送迎車と間違えられたとか…

   
湘南200か・493(KC14→B980 小田原)※相州屋@副管理人撮影


KK−LR233J1(いすゞ)

 平成12年に導入されたいすゞの中型車はガーラミオです。

   
湘南200か・152(B935 小田原)※相州屋@副管理人撮影

 平成12年夏休みを前に導入された車両です。日野車に続いて2台目の箱根施設めぐりバス専用塗色となりました。主に小涌園〜仙石〜箱根湿性花園間で運転されています。

   
湘南200か・200(宮城野)※相州屋@副管理人撮影

 最終期は社名表記変更のほか、車番も表記されるようになりました。

   
湘南200か・200(B951 宮城野)※相州屋@副管理人撮影

 仙石常駐車のB950も箱根施設めぐりラッピングが施されました。こちらは背景に水色が入っており、上の車両とは印象が異なります。

   
湘南200か・199(B950 宮城野)※相州屋@副管理人撮影


KL−LV380L1(いすゞ)

 平成13年に導入されましたいすゞ大型車初のワンステップ車で、2両 が同時に導入されました。当初は小田原に所属しておりましたが、後年湯河原に転属し、平成22年8月まで活躍しました。B955は中伊豆東海バスにて新たに活躍しております。

   
湘南200か・248(KA13→B954 小田原→湯河原)※相州屋@副管理人撮影

   
湘南200か・250(KA14→B955  小田原→湯河原)※相州屋@副管理人撮影


KC−LR333J(いすゞ)

 KC−代のLRは、いすゞ純正車体での導入となりました。11両が配置されておりましたが、平成22年5月までにすべて引退となりました。

   
湘南200か・・90(B932 湯河原)※相州屋@副管理人撮影


P−LV719N(富士)

 当初は小田原の兼用車として平成2年に登場した車です。平成7年に沼津にやってきて、そのまま 沼津箱根登山自動車に引き継がれました。その後、沼津統合後は沼津登山東海バスに移りました。

  
沼津22く2199(B766) 元相模22か4215(元小田原)


KC−LV380L(いすゞ)

 平成10年3月に箱根登山鉄道沼津営業所最後の新車としてB905が導入さ れ、同7月に沼津箱根登山自動車へ引き継がれました。同じ12月にはNB102が1両導入されています。 沼津統合後は沼津登山東海バスに移りました。NB102は西伊豆東海バスへさらに移っております。

  
前:沼津22く2339(B905) 後:沼津200か・・39(NB102)


KK−LR233J1改(いすゞ)

 平成13年、ついに沼津箱根登山にもノンステップバスが登場。 NB109と110の2両が導入されました。登山グループでは初のノンステップ車でした。中扉は車椅子 やベビーカーの乗り降りに使われております。沼津統合後は沼津登山東海バスに移りました。

  
左:沼津200か・245(NB110) 右:沼津200か・246(NB109)


U−LR332J(IKC)

 高台病院の2代目特定車で、平成16年に登場しました。もとは平成7年に導入された路線車で、小田原の市内線を主に走っていた車両です。

   
湘南22か・・16(868 小田原) ※相州屋@副管理人撮影


U−LR332J(富士)

 U−代のLRになっても、富士重工製は6Eボディで架装されて いました。こちらは平成5年式の車両で、足柄(のち小田原営業所関本常駐)所属でした。現在は沼津登山東海バスで活躍中です。

   
相模22か4693(B846 小田原−関本)※相州屋@副管理人撮影


P−LR312J改(富士)

 富士重工6EボディのLRです。沼津を除いた各営業所に配置されていました。

   
相模22か3956(B736 小田原)※相州屋@副管理人撮影

 こちらは熱海車です。昭和62年にB676・677の2両が投入されました。熱海地区の伊豆東海バスへの移管にともない、東海バスに移り、遼車よりも長く活躍しました。

   
沼津22く1223(B676 小田原)


U−LV318L(富士7E)

 いすゞ大型路線車(自社導入・ただし兼用車除く)ではBU04以来と久々の車になります。平成3年の導入で、この代の大型車は前後折戸で導入されています。2両(B793、B794)が湯河原に在籍していました。

   
相模22か4378(B793 湯河原)

 平成5年式の3両も 平成15年に引退となり、こちらは伊豆東海バスに転籍しました。

   
前:相模22か4661(B838 小田原)  後:相模22か4663(B840 湯河原 ※相州屋@副管理人撮影)


BU05(帝国)

 登山自社導入のBUです。昭和47年まで、かなりまとまった台数が投入されました。沼津以外の各営業所で見ることができました。
    
相模22か・408(B226 足柄) 相州屋@副管理人撮影

BU04(富士)

 昭和48年、BUがモデルチェンジされ、BU05はBU04になりました。登山でも昭和48・51・52年に導入されましたが、車体はすべて富士重工製です。こちらは昭和52年式で、登山のBUの最終グループになります。
    
相模22か1284(B359 足柄) 相州屋@副管理人撮影
 同じく昭和52年式です。更新時期により、新塗装に塗り替えられた車両もありました。
    
相模22か1283(B358 足柄) 相州屋@副管理人撮影

BU15KP(富士)

 昭和49年、定期観光兼用車として5台が導入されました。登場当初は路線車と同じマスクで登場しましたが、後に観光型マスクに改造されました。
    
相模22か・799(B299 小田原観光) 相州屋@副管理人撮影
 この車両だけ、方向幕の形状、サイズと、バンパーが異なります。
    
相模22か・803(B303 小田原観光) 相州屋@副管理人撮影
 前面のみの画像ですが、改造前の顔はこんな感じでした。
相模22か・803(B303 小田原観光) 相州屋@副管理人撮影

BU10D(川重)

 昭和61〜62年に長崎バスより導入されました。前後ドアですが、乗降方式を他車とあわせるのに伴い、側面方向幕の移設を行っております。こちらは昭和51年式です。
    
相模22か3153(B644 小田原観光) ※相州屋@副管理人撮影

BU10D(川重)

 昭和59年、神奈川中央交通よりRE140とともにまとまった台数が導入されました。この車は昭和49年式です。リアのエンジンルーバーの開口部が非常に大きかったのが昭和48〜50年式の初期車にみられる特徴です。
    
相模22か2595(B530 小田原観光) 相州屋@副管理人撮影

BU10D(富士3E)

 神奈川中央交通より移ってきました。この車は昭和50年式で、リアのエンジン部分の開口部はふさがれています。
    
相模22か2694(B558 小田原観光) 相州屋@副管理人撮影
 同じく神奈川中央交通より移ってきました。昭和51年式ですが、窓のサイズや間隔に違いが見られます。
    
相模22か2683(B548 小田原観光) 相州屋@副管理人撮影

CRA580(富士)

 昭和53年と54年に各2台ずつ計4台が登場しました。登場当初から乗合車として登場し、定期観光バスにも使用されていました。こちらは53年式です。そのうち1台は廃車を免れ沼津へ転属しましたが、平成10年に廃車されました。
    
沼津22く2066(B365 小田原観光→沼津) 相州屋@副管理人撮影
 昭和54年式です。側面の窓ガラスが天地方面が直線になりました。
    
相模22か1562(B376 小田原観光) 相州屋@副管理人撮影

K−CJM500(富士5E、川重)

 富士重工5E型のCJM500です。平成2年に神奈川中央交通から3台(B752〜B754)を導入。まず小田原の市内用に配属されました。その後B752、753が湯河原へ、754は足柄へ転属し、754はさらに沼津へ転属し、平成10年秋に廃車されました。その後、平成11年4月までに湯河原の2台も順次廃車され、箱根登山では形式消滅となりました
    
相模22か4199(B752 湯河原)
 一方、こちらは川重車体のCJM500です。同じく神奈川中央交通から箱根登山鉄道に4台(B692,693,694…昭和55年式、B756…昭和58年式)が移籍しましたが、平成11年3月までに全車両が廃車となりました。
    
相模22か4216(B756 足柄)

K−CJM550(川重)

 長尺のCJM550です。平成2年と3年に神奈川中央交通から6台(B757〜B761、B795)、箱根登山にやってきまた。CJM500と比べると、比較的遅い時期に入ってきました。すべて昭和58年式です。小田原と湯河原に配属され、両営業所の車とも箱根にも姿を現します。しかし、寄る年波には勝てず、平成12年、全車廃車となりました。
    
相模22か4195(B758 湯河原、元小田原)